HOME獣医 > 循環器

循環器

生存率が上がる肺水腫診療メソッド…

なぜ、この初期対応ができると肺水腫で生命を落とす犬猫を大きく減らせるのか?…詳しくはコチラ》

Dr.中村の肺高血圧症の原則…

TRがないからと言って「肺高血圧症(PH)」を除外していませんか?…詳しくはコチラ》

Dr.水野のMR犬完全対策メソッ…

MR犬への内科的治療が奏功しない場合、何を基準に薬を足したり量を増やすかわかりますか?…詳しくはコチラ》

現場特化型!心疾患バイブル…

なぜ、経験の浅い獣医師でも循環器疾患をスムーズに診断できるのか?…詳しくはコチラ》

失神を疑う症例への診断アプローチ…

なぜ、胸部X線で顕著な異常がないのに失神を起こしたのか?…詳しくはコチラ》

不整脈完全網羅テクニック ~7つ…

「心電図評価のここが知りたい」不整脈の重篤度を特定する手順を、7症例「実演」でお見せします…詳しくはコチラ》

臨床で生かす!循環器疾患における…

なぜ、この3つを臨床に活かせると、心エコーでは検出できない病態も手に取るようにわかるのか?…詳しくはコチラ》

これで解決!心エコー読影マスター…

なぜ、心エコーの数値を全部測定しなくても、心不全のリスクを正しく評価できるのか?…詳しくはコチラ》

症例ごとに対応できる!犬猫の心筋…

なぜ、「心筋症にはこの薬」のように病名によって治療薬を選択してはいけないのか…?…詳しくはコチラ》

聴診を極める 実施法と考え方…

なぜ、「聴診をしない獣医師」はご家族さんの信頼を失う可能性があるのか…?…詳しくはコチラ》

犬種別に必要な治療がわかる 高脂…

なぜ、犬猫の高脂血症を積極的に治療すべきなのか?…詳しくはコチラ》

提案広がる!循環器と多臓器連関…

なぜ、臓器間の相互作用がわかると単科では見落としやすい疾患まで発見できるのか…?…詳しくはコチラ》

早期発見!肺高血圧症の診断と治療…

「肺高血圧症」かもしれません 今回、肺高血圧症の診断から治療戦略まで3時間で学べますが……詳しくはコチラ》

僧帽弁逆流の犬における心エコーの…

犬の僧帽弁閉鎖不全症で、より適切な治療をおこなうためのステージングと、より高い精度で診断をくだすため…詳しくはコチラ》

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療戦略…

なぜ、余命約8.5ヵ月の犬が、元気に走り回れるまで回復できたのか?…詳しくはコチラ》

明日から使える! 安心・確実な心…

心不全(犬猫)の翌日から使える最新の内科療法がご自宅で学べます…詳しくはコチラ》

エコー前に8割わかる!心疾患診断…

なぜ、心エコーを使わなくても 心疾患をほぼ正確に診断できるのか?…詳しくはコチラ》

これなら見逃さない! 猫の心臓病…

なぜ、心エコー図検査が苦手でも、臨床徴候と心疾患との関係が不明確でも……詳しくはコチラ》

9症例徹底解説 不整脈診断テクニ…

なぜ、「不整脈」を疑うべきなのか?…詳しくはコチラ》

見逃さない!猫の心筋症・診断と治…

なぜ、ある動物病院では主訴が循環器系ではない猫から「心筋症」が次々と発見されるのか?…詳しくはコチラ》


HOME獣医 > 循環器

循環器

生存率が上がる肺水腫診療メソッド…

なぜ、この初期対応ができると肺水腫で生命を落とす犬猫を大きく減らせるのか?…詳しくはコチラ》

Dr.中村の肺高血圧症の原則…

TRがないからと言って「肺高血圧症(PH)」を除外していませんか?…詳しくはコチラ》

Dr.水野のMR犬完全対策メソッ…

MR犬への内科的治療が奏功しない場合、何を基準に薬を足したり量を増やすかわかりますか?…詳しくはコチラ》

現場特化型!心疾患バイブル…

なぜ、経験の浅い獣医師でも循環器疾患をスムーズに診断できるのか?…詳しくはコチラ》

失神を疑う症例への診断アプローチ…

なぜ、胸部X線で顕著な異常がないのに失神を起こしたのか?…詳しくはコチラ》

不整脈完全網羅テクニック ~7つ…

「心電図評価のここが知りたい」不整脈の重篤度を特定する手順を、7症例「実演」でお見せします…詳しくはコチラ》

臨床で生かす!循環器疾患における…

なぜ、この3つを臨床に活かせると、心エコーでは検出できない病態も手に取るようにわかるのか?…詳しくはコチラ》

これで解決!心エコー読影マスター…

なぜ、心エコーの数値を全部測定しなくても、心不全のリスクを正しく評価できるのか?…詳しくはコチラ》

症例ごとに対応できる!犬猫の心筋…

なぜ、「心筋症にはこの薬」のように病名によって治療薬を選択してはいけないのか…?…詳しくはコチラ》

聴診を極める 実施法と考え方…

なぜ、「聴診をしない獣医師」はご家族さんの信頼を失う可能性があるのか…?…詳しくはコチラ》

犬種別に必要な治療がわかる 高脂…

なぜ、犬猫の高脂血症を積極的に治療すべきなのか?…詳しくはコチラ》

提案広がる!循環器と多臓器連関…

なぜ、臓器間の相互作用がわかると単科では見落としやすい疾患まで発見できるのか…?…詳しくはコチラ》

早期発見!肺高血圧症の診断と治療…

「肺高血圧症」かもしれません 今回、肺高血圧症の診断から治療戦略まで3時間で学べますが……詳しくはコチラ》

僧帽弁逆流の犬における心エコーの…

犬の僧帽弁閉鎖不全症で、より適切な治療をおこなうためのステージングと、より高い精度で診断をくだすため…詳しくはコチラ》

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療戦略…

なぜ、余命約8.5ヵ月の犬が、元気に走り回れるまで回復できたのか?…詳しくはコチラ》

明日から使える! 安心・確実な心…

心不全(犬猫)の翌日から使える最新の内科療法がご自宅で学べます…詳しくはコチラ》

エコー前に8割わかる!心疾患診断…

なぜ、心エコーを使わなくても 心疾患をほぼ正確に診断できるのか?…詳しくはコチラ》

これなら見逃さない! 猫の心臓病…

なぜ、心エコー図検査が苦手でも、臨床徴候と心疾患との関係が不明確でも……詳しくはコチラ》

9症例徹底解説 不整脈診断テクニ…

なぜ、「不整脈」を疑うべきなのか?…詳しくはコチラ》

見逃さない!猫の心筋症・診断と治…

なぜ、ある動物病院では主訴が循環器系ではない猫から「心筋症」が次々と発見されるのか?…詳しくはコチラ》