GPのための矯正治療トラブル回避法

※ 今、多くのドクターが興味をお持ちですが… 近年、矯正歯科治療のニーズが急速に高まっています。先生もきっと、「最近は、矯正を希望する患者さんが増えたな」と感じているのではないでしょうか? 厚生労働省が発表した数字によると、2017年に1日あたり800人だった矯正歯科治療の初診患者数は、2020年には2,900人まで跳ね上がりました。 わずか3年で、3.6倍も増加しているのです。 この高いニーズを後押ししているのが、近年、話題になることの...
詳しく見る

GPのための矯正治療トラブル回避法│医療情報研究所DVD

原因不明のトラブルを解決!外科基礎マニュアル

※術中の出血トラブルの原因は? 先生は、「出血が止まらない」「血管の処理がうまくいかない」などの外科のトラブルが生じる原因を考えたことがありますか? もちろん、答えは一つだけではありません。 たとえば、解剖を十分に理解しないまま手術に臨んだ場合、予想外の出血トラブルに見舞われるケースは珍しくありません。 出血をコントロールできなければ、血管の処理は難しくなりますので、手間取る可能性は高くなります。 これは「知識不足」が原因のトラブルです...
詳しく見る

原因不明のトラブルを解決!外科基礎マニュアル│医療情報研究所DVD

短期間で即戦力!10mmポケットを治すSRPの秘訣

予防歯科のニーズは、確実に伸び続けていますが… 近年、う蝕の減少とともに予防歯科に取り組むクリニックが増えていることは、先生もよくご存じのとおりです。もしかすると、先生も今、予防歯科の強化に励んでいるかもしれません。 ドクターとDHの努力の結果、ひと昔前とは状況も大きく変わり、「自分の歯を守るには、何よりも予防が大切だ」との意識が、一般にも広がりはじめています。 その証拠とも言える数字が、2023年6月に厚生労働省が公表した、「令和4年歯科...
詳しく見る

短期間で即戦力!10mmポケットを治すSRPの秘訣│医療情報研究所DVD

Dr.藤田の失敗しない手術原則

※手術中の出血にストレスを感じていませんか? 外科を本格的に学びはじめたドクターに共通する悩みと言えば、「手術中の出血」です。 出血は、日常的におこなわれる不妊・去勢手術にもつきまとう問題で、「どこから出血しているのかわからない」「出血の止め方がわからない」などの経験から、外科に苦手意識をお持ちのドクターも少なくないと聞きます。 もしかすると先生も、不妊・去勢手術中の出血に悩まされた経験があるかもしれません。 出血が多いと術野は悪くなり、...
詳しく見る

Dr.藤田の失敗しない手術原則│医療情報研究所DVD

Dr.森田の生存率が上がる救急アプローチ

※急患対応に自信がありますか? 住宅街にある、小さな動物病院の話です。 午後の診療も終わろうとするころ、「先生、急患です!」と慌てた看護師が診察室に飛び込んできました。 どうやら、急患の柴犬が来院したようです。運ばれてきた柴犬をみてみると、呼吸は荒く苦しそうで、立っているのもままならない状況でぐったりしています。 ドクターは低酸素血症を疑い、舌色をみましたがチアノーゼではありませんでした。 酸素の供給に問題はないと判断したドクターは、臨...
詳しく見る

Dr.森田の生存率が上がる救急アプローチ│医療情報研究所DVD

最新DVD教材