生涯安定を目指す! Dr.行田の「超」審美補綴テク

※歯肉縁下マージンを、どう思いますか? クラウン製作の支台歯形成において、歯肉縁上、歯肉縁下のそれぞれに長所と短所が存在することは、先生もご存じのとおりでしょう。 特に歯肉縁下マージンは、細菌叢の影響で炎症を起こし、マージンが退縮すると言われていますが、行田先生の考え方は異なります。 ※歯肉縁下マージンは長期にわたり安定する 行田先生はおっしゃいました。組織学の観点から、歯肉縁下マージンにおける付着上皮の部分は、非常に白血球の量が多く...
詳しく見る

生涯安定を目指す! Dr.行田の「超」審美補綴テクニック ~形成・プロビジョナル・印象のすべて~│医療情報研究所DVD

犬種別に必要な治療がわかる 高脂血症診療ガイド

※犬猫の高脂血症は、治療すべきか? 先生は、犬猫の高脂血症について、どのようにお考えでしょうか?近年、高脂肪食の食餌や室内飼育による運動制限、高齢化などの問題により、高脂血症の伴侶動物が増えています。 他の疾患と比べても遭遇する機会が多いので、先生も日常的に診療の機会があると思います。では、先生は高脂血症の犬猫に適切な治療ができていますか? 犬猫の高脂血症は、ヒトに比べて粥状動脈硬化のリスクが低く重篤な症状になりにくいことから、治療の対象と...
詳しく見る

犬種別に必要な治療がわかる 高脂血症診療ガイド│医療情報研究所DVD

歪み・ズレに着目しない!頭蓋調律テクニック

患者さんの言葉の本当の意味とは…? 「どこの院に行っても良くならなくて…」「先生が、最後の砦と思って来ました」など、先生の院にもこのような患者さんが多く来院されると思います。 「最後の砦」なんて言われると、すごく頼られているようで嬉しくなるかもしれません。でも先生は、患者さんの言葉の本当の意味に気付いていますか? どこの院に行っても全然良くならない患者さんが来院することは、それだけ世の中に「改善できない施術家がたくさんいる」ということ。これ...
詳しく見る

歪み・ズレに着目しない!頭蓋調律テクニック│医療情報研究所DVD

心臓・腎臓に注意!猫の甲状腺機能亢進症

※甲状腺機能亢進症の治療に自信はありますか? 先生もよくご存じのとおり、甲状腺機能亢進症は高齢猫の代表的な疾患です。糖尿病、慢性腎臓病と並んで、もっとも一般的な猫の内分泌疾患ですので、先生も遭遇する機会が多いと思います。 伴侶動物の高齢化が進む今の時代、ますます甲状腺機能亢進症の猫が増えることは間違いありません。そのため猫の甲状腺機能亢進症は、日常臨床上とても重要な疾患であると言えます。 猫の甲状腺機能亢進症は、ほとんどの場合、定期健康診断...
詳しく見る

心臓・腎臓に注意!猫の甲状腺機能亢進症│医療情報研究所DVD

医療に特化!患者を引き寄せるプレミアム接遇 ~スタ

※ 何がクリニックの第一印象を決めるのか? 治療技術や実績も重要ですが、やはりスタッフの接遇は欠かせません。 なぜなら、患者さんが最初に話すのは、先生ではなくスタッフだから。 つまり、「スタッフの接遇はクリニックの第一印象」と言ってもいいでしょう。 だからこそ、接遇研修を取り入れる歯科医院が、増え続けているのですが… ※ 接遇研修で失敗するケースとは? 近年、多くの歯科医院で接遇研修が実施されています。 しかし、院長が期待するほどの...
詳しく見る

医療に特化!患者を引き寄せるプレミアム接遇 ~スタッフの本質が高まる接遇研修~│医療情報研究所DVD