スポーツ障害解体新書~100種のエクササイズ~

※増え続けるニーズを取りこぼしていませんか? 先生は、ひと昔前から、右肩上がりで需要が伸びている分野があることにお気づきですか? その分野の施術を新たに導入した院は、売上アップはもちろん、客単価アップ、リピート率アップ、名指しで選ばれるほどの差別化などに成功しています。 また、この施術はライバルが施術院ではないため、患者の奪い合いになることがありません。売上アップのもう一つの柱を作りたい先生には、見逃せない施術と言えます。では、そのニーズが増...
詳しく見る

スポーツ障害解体新書~100種のエクササイズ~│医療情報研究所DVD

命を守る!人獣共通感染症

※死亡率82%の恐ろしい人獣共通感染症 2017年の10月ごろ。大阪府内の8名の獣医師から、犬レプトスピラ症を疑う11症例の届け出がありました。 犬の年齢は3歳~13歳と幅がありますが、すべての犬に黄疸、肝不全、腎不全などの症状が認めらました。治療を試みましたが、回復したのは2頭のみ。 9頭は治療に反応せず亡くなりました。 死亡した9頭のうち4頭は、2種または3種のレプトスピラ抗原を含む混合ワクチンを接種していたと言います。つ...
詳しく見る

命を守る!人獣共通感染症│医療情報研究所DVD

若手院長からベテラン院長まで! 売上をコントロール

※ まずは、この価格表をご覧ください ───────────────── ・保険のFMC 3,000円 ・ハイブリッド 5万円 ・セラミック 10万円 ───────────────── これは、ほとんどの患者さんが、5万円のハイブリッドを選ぶ表示です。 その理由は「松竹梅の法則」が働くから。 行動経済学で有名な考え方ですが、人は中間に位置する価格を、もっとも安全な選択と感じます。 「安かろう、悪かろう」「高すぎるのも失敗リスク...
詳しく見る

若手院長からベテラン院長まで! 売上をコントロールできる自費率UP戦略│医療情報研究所DVD

大幅改訂 教科書には載ってない! 犬猫の獣医歯科臨

※ 3歳以上の犬猫の85%が罹患 先生もご存じのとおり、歯周病はとても多い病気です。 歯周病は、50年以上も前から「3歳以上の犬猫の85%が罹患する病気」と言われており、現在も多くの犬猫を苦しめています。 下痢や皮膚病など、一時的な病気には罹患率の高いものもありますが、長期的に継続する病気でこれだけ多くの犬猫が罹患する病気は他にありません。 さらに、高齢の動物ほど重度の歯周病になる傾向があるため、犬猫の高齢化が問題になる今、歯周病に苦しむ...
詳しく見る

大幅改訂 教科書には載ってない! 犬猫の獣医歯科臨床│医療情報研究所DVD

確定診断に繋げる!臨床推論II消化器疾患に対する診

その検査、本当に必要ですか? 嘔吐を主訴に来院した、6歳の雑種犬の話です。その犬は、食事のあとしばらくすると食べたものを吐き出してしまう症状がありました。 詳しく検査するため、院長は血液検査とレントゲン検査、超音波検査をおこないました。胃か腸の異常を疑いましたが、目立った異常はみられません。 そこで、飼い主さんと相談し、内視鏡検査をおこなうことにしました。 しかし、内視鏡検査をしても、「リンパ球形質細胞性腸炎」という病理診断名で、何が原因...
詳しく見る

確定診断に繋げる!臨床推論II消化器疾患に対する診断アプローチ~嘔吐・下痢・肝酵素上昇編~│医療情報研究所DVD

最新DVD教材