回復率95%超! Dr.相川の椎間板ヘルニア診療の

※ 人気の犬種に多い「無視できない疾患」 ダックスフントやフレンチブルドッグ、ウェルシュコーギー、ビーグル、トイプードルなど。 どれも日本で人気のある犬種ですよね。 きっと先生の病院にも、毎日のように来院していると思います。 これらの犬種は「軟骨異栄養性犬種」と呼ばれ、軟骨が変性しやすい特徴があります。 そのため、椎間板ヘルニアを発症しやすいのは、先生もご存じのとおりです。 中でもダックスフントは、他の犬種に比べて12.6倍も椎間板ヘ...
詳しく見る

回復率95%超! Dr.相川の椎間板ヘルニア診療の流儀│医療情報研究所DVD

GPができる!部分矯正テクニックと臨床応用メソッド

「矯正は専門医に任せれば良い」 この考え方は、間違えていませんが、想像してください。矯正に詳しくないGPと矯正専門医が協業するのと、矯正に詳しいGPと矯正専門医が協業するのでは、どちらが、偏りなく患者さんの口腔内を健康に導けるでしょうか? 答えは、後者だと思いませんか? GPが部分矯正を扱うメリットとは? 何よりも、先生を頼ってきた患者さんの期待を裏切りたくないですよね。なるべくご自身で対応してあげたいと思うでしょう。そんな向上心の高い先...
詳しく見る

GPができる!部分矯正テクニックと臨床応用メソッド│医療情報研究所DVD

高精度ショック診断 救急エコー「FAST」導入法

※こんなリスクの高い対応をしていませんか? たとえば、ハーハーと苦しそうに開口呼吸する猫が運び込まれたとき。先生なら、こんな救急症例にどう対応しますか? もし、「酸素室に入れて安定するのを待つ」という選択をしているのなら、先生はとてもリスクの高い対応をしていると言えます。たしかに、酸素室に入れれば猫のストレスは軽くなるかもしれません。 しかし、酸素室では検査ができません。当然、開口呼吸の原因もわからないため、...
詳しく見る

高精度ショック診断 救急エコー「FAST」導入法│医療情報研究所DVD

ひとり施術家のための 完全無欠 脳科学アプローチ

※こんな経験ありませんか? 先生もご存じのとおり、世の中には痛みを改善するさまざまな手技があります。一般的な筋骨格系の手技をはじめ、頭蓋骨調整や内臓アプローチ、遠隔テクニックなど。先生もこれまで、いくつかの手技を学んでこられたと思います。 では先生は今、そのテクニックを使って満足のいく結果を出せていますか?もし先生が、「思うように痛みを取りきれずにいる」「同じように施術をしても、施術結果にバラツキが出てしまう」など、こんな問題に悩んだ経験...
詳しく見る

ひとり施術家のための 完全無欠 脳科学アプローチ 上級編│医療情報研究所DVD

時短で習得!院内レベル統一ペリオ

何を信じれば良いのか? 歯周病について学べる機会は、たくさんあります。ですが、講師によって考え方や意見が異なるとき、何を信じるべきか悩みませんか? そんなとき、基準として考えたいのがエビデンス。エビデンスが示すデータをより多く、より深く理解することは、精度の高い治療計画の作成に欠かせません。また、エビデンスには、もう一つの価値があります。 院内で正しい知識を共有するメリット 想像してみてください。もし、エビデンスに裏付けられた、正し...
詳しく見る

時短で習得!院内レベル統一ペリオ│医療情報研究所DVD

最新DVD教材