生存率を上げる「ブリッジ支台歯形成」テクニック

よく言われるブリッジの問題点 先生も「ブリッジよりインプラントの方が良いと」思っていませんか? 正直な話、わたしたちも、そう思っていました。インプラント治療で有名な小川先生の話を聞くまでは… 前歯の大部分を欠損した患者さんが… ある日のことです。小川先生のクリニックへ、一人の患者さんが来院します。その患者さんは、事故で前歯の大部分を欠損されていました。小川先生はインプラント治療で有名なドクター。このようなケースだと、患者さんもインプラン...
詳しく見る

生存率を上げる「ブリッジ支台歯形成」テクニック  ~適応を見極め、患者期待に応えるためのスキルアップ~│医療情報研究所DVD

神経局在診断パーフェクトプログラム ~10000症

※ 本当に「椎間板ヘルニア」なのでしょうか? ふらつき、起立困難などは、椎間板ヘルニアの代表的な症状です。 そのため、ダックスフンドなどの好発犬種が起立困難を主訴に来院すると、椎間板ヘルニアを疑った診療がおこなわれます。 検査の上、椎間板ヘルニアの治療が奏功すれば問題ありません。 しかし、治療をしても良くならないケースが多いことも、また事実です。 そして、良くならない症例を二次診療施設で詳しく検査してみると、実は、椎間板ヘルニアではなく...
詳しく見る

神経局在診断パーフェクトプログラム ~10000症例と戦った診断術~│医療情報研究所DVD

ドクター公認!“最短60秒”肝臓アプローチテクニッ

※ 驚くほど簡単で効果的な「内臓アプローチ」 先生はもう、内臓アプローチを習得しましたか? 内臓アプローチは、一般的な肩こりや腰痛はもちろん、猫背、巻き肩などの姿勢改善、自律神経系の問題、不定愁訴にも効果的な手技です。 しかし、一つだけ欠点があります。 それは、内臓は直接手で触れないため習得が難しいこと。そのため、過去に習得しようとしたけど、あきらめてしまった先生も少なくありません。 もし先生に心当たりがあったとしても心配はいりません。...
詳しく見る

ドクター公認!“最短60秒”肝臓アプローチテクニック│医療情報研究所DVD

誤診軽減のための6項目 実践フィジカルアセスメント

※もっと効率の良いやり方を知りたくありませんか? 先生に、はじめにお伝えします。今回の教材は、新しい治療技術を学べるものではありません。先生が、日々おこなっている「フィジカルアセスメント(身体診査)」です。 しかし、「重要な内容」であることは間違いありません。なぜなら、フィジカルアセスメントをきちんと行っていれば、疾患の見落としを防いだり、二次診療施設に紹介する必要がなくなる場合もあるからです。 先生も、たびたび糖尿病症例が来院...
詳しく見る

誤診軽減のための6項目 実践フィジカルアセスメント│医療情報研究所DVD

Dr.添島の「究極の予防歯科イズム」~患者の未来を

新患に頼った経営で良いのだろうか? 子どものう蝕が減り、患者人口が減り続ける今、新患の来院に期待する考え方だけでは、今後の医院経営は難しくなるでしょう。これからは、1人の患者さんが、長く定期的に通い続けてくれる予防歯科が重要です。軌道に乗れば、新患の増減を気にすることなく、安定した医院経営が実現できます。 高いレベルで患者さんの健康に貢献できる 何より、予防歯科は、患者さんにとってすばらしい医療であることは、言うまでもありません。究極の健康...
詳しく見る

Dr.添島の「究極の予防歯科イズム」~患者の未来を考える、生涯通いたくなる歯科医院の在り方~│医療情報研究所DVD