HOME獣医 > 運動器

運動器

これから始める!犬の運動器エコー…

どうすれば、関節や筋、腱、靭帯、神経の異常を正確に診断できるのか…?…詳しくはコチラ》

17個のツボで行う 犬の椎間板ヘ…

専門的に学べる機会の少ない「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」を1から学ぶことができますが……詳しくはコチラ》

一次診療施設で行う門脈体循環シャ…

門脈体循環シャントを正確に検査・診断する方法と一次診療施設で安全に実施できる手術法が、ご自宅で学べま…詳しくはコチラ》

5つのプロセスで実践!跛行の診断…

なぜ、5つのプロセスをルーチン化すれば、もっと正確、迅速に跛行診断できるのか?…詳しくはコチラ》

再確認!大学病院の外科基本手技…

国立大学病院で、日常的に実施されている切開、止血、剥離、結紮、縫合の基本テクニックがご自宅で学べます…詳しくはコチラ》

早期発見!運動器検診の導入と実践…

なぜ、誰でもできる運動器検診を行うだけで、飼い主さんとの強固な信頼関係を築くことができるのか?…詳しくはコチラ》

椎間板ヘルニア診療 完全マスター…

なぜ、彼は、通常60分以上かかる「犬の椎間板ヘルニア」のオペをたった15分で完了できるのか?…詳しくはコチラ》

魅せ技!完全ライブオペ~膝蓋骨脱…

「脛骨粗面の転移術」よりもはるかにシンプルで、手術翌日には犬が自力で立てる「膝蓋骨脱臼手術」のすべて…詳しくはコチラ》

誰も教えてくれない整形外科学…

「大腿骨頭切除術」と「橈尺骨骨折整復術」が約10分で完了する整形外科技術をオペ動画を見ながら、ご自宅…詳しくはコチラ》

日本小動物外科設立専門医 遠藤薫…

なぜ、小型犬の膝蓋骨脱臼では、いっきに関節までメスを入れたほうが傷の治りが速くなるのか?…詳しくはコチラ》

臨床現場ですぐ使える「実践外科学…

なぜ、「椎間板ヘルニア」における多くのケースが、手術をせずに内科療法で回復できるのか?…詳しくはコチラ》


HOME獣医 > 運動器

運動器

これから始める!犬の運動器エコー…

どうすれば、関節や筋、腱、靭帯、神経の異常を正確に診断できるのか…?…詳しくはコチラ》

17個のツボで行う 犬の椎間板ヘ…

専門的に学べる機会の少ない「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」を1から学ぶことができますが……詳しくはコチラ》

一次診療施設で行う門脈体循環シャ…

門脈体循環シャントを正確に検査・診断する方法と一次診療施設で安全に実施できる手術法が、ご自宅で学べま…詳しくはコチラ》

5つのプロセスで実践!跛行の診断…

なぜ、5つのプロセスをルーチン化すれば、もっと正確、迅速に跛行診断できるのか?…詳しくはコチラ》

再確認!大学病院の外科基本手技…

国立大学病院で、日常的に実施されている切開、止血、剥離、結紮、縫合の基本テクニックがご自宅で学べます…詳しくはコチラ》

早期発見!運動器検診の導入と実践…

なぜ、誰でもできる運動器検診を行うだけで、飼い主さんとの強固な信頼関係を築くことができるのか?…詳しくはコチラ》

椎間板ヘルニア診療 完全マスター…

なぜ、彼は、通常60分以上かかる「犬の椎間板ヘルニア」のオペをたった15分で完了できるのか?…詳しくはコチラ》

魅せ技!完全ライブオペ~膝蓋骨脱…

「脛骨粗面の転移術」よりもはるかにシンプルで、手術翌日には犬が自力で立てる「膝蓋骨脱臼手術」のすべて…詳しくはコチラ》

誰も教えてくれない整形外科学…

「大腿骨頭切除術」と「橈尺骨骨折整復術」が約10分で完了する整形外科技術をオペ動画を見ながら、ご自宅…詳しくはコチラ》

日本小動物外科設立専門医 遠藤薫…

なぜ、小型犬の膝蓋骨脱臼では、いっきに関節までメスを入れたほうが傷の治りが速くなるのか?…詳しくはコチラ》

臨床現場ですぐ使える「実践外科学…

なぜ、「椎間板ヘルニア」における多くのケースが、手術をせずに内科療法で回復できるのか?…詳しくはコチラ》