HOME獣医 > 消化器

消化器

低侵襲の境地 肝疾患に対する “…

なぜ、出血性ショック(PCV16%)で開腹手術もできない猫を針の穴程度の侵襲で救えたのか?…詳しくはコチラ》

猫の消化器疾患マスター…

猫の消化器疾患で、鑑別診断の時間を今より50%以上短縮し、もっと正確・安全に治療する方法…詳しくはコチラ》

猫の肝疾患マスター…

なぜ、肝疾患を見過ごしてしまうのか?…詳しくはコチラ》


HOME獣医 > 消化器

消化器

低侵襲の境地 肝疾患に対する “…

なぜ、出血性ショック(PCV16%)で開腹手術もできない猫を針の穴程度の侵襲で救えたのか?…詳しくはコチラ》

猫の消化器疾患マスター…

猫の消化器疾患で、鑑別診断の時間を今より50%以上短縮し、もっと正確・安全に治療する方法…詳しくはコチラ》

猫の肝疾患マスター…

なぜ、肝疾患を見過ごしてしまうのか?…詳しくはコチラ》